グルコサミンについて

最近グルコサミンという名前をテレビや雑誌等で良く聞くようになりました。グルコサミンという言葉は知っていても、それが何なのかよくわからない人のために解説したいと思います。グルコサミンとは人間の体の中にも存在し、自然界では甲殻類の殻に多く含まれている物質です。グルコサミンは軟骨や皮膚を作る材料となったり、関節炎や軟骨の傷を治したり変形性関節症やリュウマチにも効果があります。このグルコサミンが体に重要な役割をしています。

 

グルコサミンは甲殻類の殻の成分でもあり、人間の軟骨や爪や靭帯を作る基礎となっているので、年齢と共に減っていくこの物質を補給していく事が健康な体を作るためには大事な要素となっています。変形性関節症は関節と関節の間にあるクッションの役割をしている軟骨が加齢と共にすり減っていく病気ですが、このグルコサミンを補給する事でその痛みを軽減する事が出来るのです。従ってよく似た病気のリュウマチにもグルコサミンを補給する事で治療効果があるわけです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です