小顔に見える髪型は、やっぱりショートヘア

顔を小さく見せたいと思っている女性は多いものです。特に平均的に背が小さい日本人は、顔の大きさが小さいほど全身のバランスがよく見える傾向があるので小顔に憧れる人も多いようです。そこで今回は、小顔に見える髪型について解説します。

 
一番おすすめなのは、やはり王道のショートヘアです。ボブやロングヘアに比べ髪が占める面積が小さい分顔が小さく見えやすいショートヘアは、スポーティな印象と相まって不動の人気を誇る髪型の一つです。扱いの容易さも人気の秘密で、『寝癖が直しやすい』『お風呂上がりの手入れが楽』といった理由からショートヘア以外考えられないという女性の声も多く聞かれます。コンパクトなシルエットが特徴で、頭蓋骨の大きさ自体が小さく見えるため絶大な小顔効果があります。

 
短い髪でつくる髪型の中でも、前髪や横髪を適宜作った髪型がより小顔効果が見込まれます。顔の皮膚が見える面積をできるだけ減らすことにより、顔がきゅっと小さく見えるような視覚効果をもたらすのです。前髪なしの場合にはアシンメトリーにしたり、髪を耳にかけたりするとすっきりとスタイリッシュに見えます。その場合には襟足付近を思い切って短くすると、より一層小顔に見えます。

 
少し長さを出したショートヘアは女性らしさが演出されるため、幅広い世代に人気です。その場合はカールをつけると神の面積が膨張し顔が大きく見えてしまいがちなので、なるべく自然なストレートに近いスタイルが好ましいでしょう。黒髪はキリッとした印象にまとまりますが、茶色や金髪なども色素が薄い分視界に占める髪の印象が軽くなるので、比較的小顔効果があると言われています。

 
オールバックのように髪を撫で付ける髪型はとても小顔効果が高いですが、服装やキャラクターを選ぶ髪型であるため難易度が高いと言えます。しかし片耳付近をなでつけたり、両側でも耳の周りだけ髪をピンで留めたりするとすっきりとした印象になり、小さい顔を演出する事が出来ます。

カテゴリー: 小顔 パーマリンク