頬のたるみを解消するのに効果的な治療法とは

頬のたるみは別名ブルドッグ顔とも呼ばれ、老け顔の大きな要因ともなってしまいます。実際、多くの女性が加齢に伴う頬のたるみを経験していると言われています。
そんな頬のたるみを改善するための治療法には、一体どのようなものがあるのでしょうか。治療のために行なえる一つの方法は、美容クリニックで施されるヒアルロン酸注射です。これは、たるんでいる部分の皮膚にヒアルロン酸を注射することで内側からボリュームアップさせ、頬の凸凹を緩和させる治療法のことで、特にほうれい線を改善するのに効果的であると言われています。

 
頬のたるみを改善するのに効果的な治療法の中には、レーザーを使用したものがあります。気になる部分にレーザーを照射することによって、たるんだ皮膚を引き締めようというものです。この場合、効果を持続させるためには、一年間に数回の施術が必要であると言われています。

 
さらに、頬のたるみ改善のために、特殊な糸を使ってたるみを引き上げる手術も行なわれています。手術と言っても、この場合は皮膚を切開する必要がない治療法であるため、ダウンタイムが短くて済むというメリットがあります。しかし、切らずに行なうリフトアップとなるため、持続時間はそれほど長くないと言われています

 
それに対して、切るリフトアップには持続性の良さを期待することができます。これは、外科手術によってこめかみ当たりの皮膚を切開し、余分な脂肪を切除して皮膚を引き上げる施術となります。切開手術を行なうため、どうしてもダウンタイムが長くなると同時に、傷跡が目立ってしまう場合があると考えられていますが、メリットも多いためこの治療法を選ぶ人も決して少なくありません。メリットとしては、頬のたるみを元に戻すための根本的な治療となるため一回の施術で効果を実感しやすくなっているという点です。日々のセルフケアではなかなか改善しないという方は、これらの治療法について考慮してみることができるでしょう。

カテゴリー: エイジングケア パーマリンク